婦人部通信 20060910

9月10日(日) ブライス町子さんの 『お墓参り』 に9人(非会員3人)で行きました。

墓参もこれで4回目、町子さんが亡くなられてもう4年も経ってしまったのですね。

毎年、墓参の日は風が冷たく肌寒い天候ですが、今年も同じ。墓前に立っていると風が身に沁み、お線香に火をつけるのも、皆で丸くなって風を遮らなけ ればな りません。やっと火のついたお線香をお墓に供えたのに(このお墓はキリスト教だろうな)、いつも般若心経を唱えてくれる Iさんが未だ来ない。どうしたの だろうと心配していると、携帯電話に、「墓地で迷子になっているから迎えに来てくれ」と。でも、今どこに彼女がいるのかも分らないので、迎えに来いと言わ れても・・・(この墓地、すごく大きいのですよ)。 墓地の住所を伝え、どうにか到着。無事、般若心経もあげ墓参も終わり、次の目的地のチャイニーズレス トランへ。

後ろに2台の車がついて来るのに、私の車が通り過ぎたところで信号が変り、2台がついてくる事が出来ませんでした。しかし、その後すぐフ リーウェイに入るため、道の横で待つ事も出来ず、仕方なくそのままフリーウェイへ。丁度、前の車が80km/hでゆっくり走っていたので、追い越さずその 後ろを走る事にしました。どうにか出口を出た辺りで、やっと後ろから2台が追いついて来ましたが、そんなに混んでないフリーウェイを時速80kmで走るの は、余りない経験でした。

レストランは少々入り口で待たされましたが、割りと早く席に案内して貰えました。8人で飲茶を食べましたが、いつも賑やかなN子さんがいないせいか、通常より静かとの声あり。「いなくてもニュースレターに書かれるのね」との感想もありました。

食事は初めの内、揚げ物が多く回って来てそれをとったせいか、皆、さっぱりした物が欲しいと言えども、なかなか希望の食べ物が回って来な い。注文したくても、料理名が分らず出来ない有様。と言いつつも結構食べ、デザートで仕上げをとなりました。ここでも一騒動、殆んどの人がマンゴーゼリー と言うので、少しずつにして色々な物を食べたらと提案したのに、それが一人前食べたいとの事。全く、子供みたいと思いつつも、皆さんの希望通りにしてあげ ました。

Copyright© JCV - Japan Club of Victoria All Rights Reserved.
Reg. No. A0035554B

Please publish modules in offcanvas position.