婦人部通信 20080526

[焼き鳥販売報告記]
5月18日(日)、いよいよ 『焼き鳥販売』 本番。未だ薄暗い明け方は、シトシトと雨が降っていて、会場に向かう間も車のワイパーを動かしていて、心は不安が一杯。


例年通り、いけばなの展示準備を整えてから、焼き鳥の販売場所であるTAFEの駐車場へ。何故か床が濡れていていやな予感。尤も、午前10時にはもうお客様が集まって来て売り場は忙しくなり、その事はすぐ忘れてしまいました。
長年販売している婦人部の焼き鳥は人気があり、いつもお昼時分には長蛇の列になり3時頃には売切れてしまうが、その事を知ってか知らずか、開始早々から売 れ出し、殆ど焼き上がりが溜まる事もなく焼くそばから売れてしまいました。毎年、最初に1~2本買い、暫くしてから戻ってきて又買う人がいますが、今年は そういう人が例年になく多かったようで、嬉しい限りです。又、中には20本を買う人もいましたが、全体には1~2本と少ない数を買う人が多かったので、並 んでいる割には焼き上がるのを待つ時間は少なかったようです。お陰で、お客様はどんどん流れていました。これは、我々売る方には一番良いケース、気持ちを 急かされる事なく、焼いたり売ったり出来ました。
途中では、どういう訳だが並んでいるのが2列出来てしまい、売り手担当のN子さんは混乱状態。左右1組ずつ売るように方向転換、どうにか収集がつきましたが、暫くすると、列は自然と又1列になっていました。
雨は、止んだり降ったり、途中大降りになった時は駐車場には雨宿りの人も入り、大混雑になってしまいました。
心配だった天候にはかかわりなく、いつものように午後3時前には完売。良かった、良かった!! やっと遅い昼食をとれました。ゆっくり出来て気が付いたの が、Gパンの裾から10センチ位がびっしょり濡れている事。今朝、床が水浸しだったので、床に触れていた裾から水が染み上がって来ていたようです。朝、床 が濡れているのを見て雨降りのせいと思っていた私ですが、早朝から店作りをしてくれていた人の話では、その時は全然濡れていなかったそうです。どこかの店 で、水を流したのでしょうか。つま先の開いている靴を履いてきた私は、朝荷物を降ろす時には、雨で靴下のつま先が濡れてしまいました。焼き鳥の売れ行きに は雨は祟りませんでしたが、私は雨に祟られたようです。何はともあれ、販売に影響しなかったのが一番。
焼き鳥刺しをして下さった皆さん、当日の販売に携わって下さった皆さん、どうもありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

Copyright© JCV - Japan Club of Victoria All Rights Reserved.
Reg. No. A0035554B

Please publish modules in offcanvas position.