婦人部通信 20090625

6月14日(日)正午より、ボーウィンの富貴陶園(Tao’s Chinese Restaurant)で、『焼鳥打上げ昼食会』を行いました。

このレストランをリコメンドしてくれたM子さんは旅行中のため欠席ながら8名の参加者でお昼を楽しみました。
お食事は、中華でもなく和食でもなく、韓国風の料理もあり無国籍感がありましたが、どれも美味しく戴きました。
器もどれも趣があり、和食器も多く使用しているとか、目でも楽しめる料理で皆 さん大満足、M子さんに感謝していました。
さて婦人部の皆さんは、店に入った瞬間から大騒ぎ、個室に置かれている1枚板の檜のテーブルに見とれていました。
オントレ、スープ、メイン、デザートをそれぞれいくつかあるメニューから選びましたが、最初に運ばれて来たのが全部同じもので、「これ頼んでないよね」 「確か違う物頼んだ筈なのに」と不審に思っていましたが、多分、これは日本でいうところのお通しでは?と納得。次にそれぞれ注文したオントレが来て、皆一 安心。スープ、その後の口直しの飲み物、そしてメイン。結構量が多くて、殆どの人が食べ切れませんでした。と言いつつも、最後のデザートは皆残さず食べて いましたが。
支払いは、殆どの人が焼鳥の人件費から賄えて、皆、大満足の昼食会でした。

Copyright© JCV - Japan Club of Victoria All Rights Reserved.
Reg. No. A0035554B

Please publish modules in offcanvas position.