2009年 JCV運動会

 4月19日(日)、日本でいう“スポーツの秋”に相応しい青空の下、運動会がBraeside Parkで開催されました。

2週間位前でも参加者が30人程しかおらず、どうなる事か、せめて50人位の参加者が欲しいと心配していましたが、皆さんの努 力もあり徐々に集まり始め、数日前から急に参加者が増えました。そして当日にも、急な参加者が34人もいて、106人の参加者で運動会を楽しみました。

 先ずは、坂本さんの指導で準備運動。

 そして最初の競技は二人三脚。ドーナッツ食い競争、徒競走と進むに従い、赤組が大差で優位。団体競技の玉ころがしも赤の勝ち、34点の差がつき午前の部の終了。

 お昼は木陰で、それぞれ持ち寄りのお弁当を広げて休憩。元気な子供達は、広場の真中でボール遊びに熱中していました。

 午後は、スプーン競争から。ルールの良く分からない幼児は、スプーンに乗せたピンポン玉を片手で抑えて走ってゴールしたりして・・・。

 リレー、デカパン競争が終了時には、赤との差が50点近くに広がっていました。

 次は、いよいよバット回り。小さい子ほど、バットの周りを回っても真っ直ぐ駆けてゴールしてしまうのですが、大きくなるに従い面白い事に。先ず、真っ直ぐ走れる人はいない、中には倒れこむ人も。

 赤白の人を少々入れ替えた事もあり、障害物競走、飴食い競争では、ついに白が赤を抜いてしまいました。

 最後の長距離走で、赤363点、白419点と白組の圧勝となってしまいました。(当日発表した点数は、長距離走を加えていなかったので、多少点が違いました)

 長距離走1位のトトンさん、2年前には3位、昨年は雪辱を果たそうとしたのに、残念ながら当日具合が悪くなり参加出来ず、2年越しでやっと希望を叶えられました。

 最後に、勝ったチームのラッフル抽選をして(負けた赤にも景品はありました)、解散となりました。

 ラッフルはワイン2本とチョコレート、お酢(婦人部提供)、ヤクルト(伊藤提供)、そしてジャパンフェスティバル入場券3枚でした。

 声をからしての司会進行の斉藤幸子さん、ゴールの係りのパイクさんと永嶋さん、始めお手伝い下さった多くの皆様、どうもありがとうございました。

 106名もの参加ながら、会員が17名と少なかったのが残念でした。

伊藤玲子 記

Copyright© JCV - Japan Club of Victoria All Rights Reserved.
Reg. No. A0035554B