邦楽コンサート 裏方の巻

あんな立派な邦楽コンサートだとは知りもせず、京子ちゃんに「餅つき手伝って!」と言われてへいへいとお手伝い。ウチの娘なんかはもっと何も知らず に、餅が食 えるという甘い言葉に誘われてついて来た。

今年は3年目 だというが、裏方の経験は誰にもなく、前日の夜中まで京子ちゃんは餅つき、啓子さんは餡子を煮て、足りるのか足りないのかドキドキで会場へ。 キッチンで餅や餡子を温めようと、マッチを探したが湿気っていて火がつかない。会場のみなさんの中にタバコを吸っている人はいないかと訊きまわったが誰も ライターを持っている人はいなかった。AUSといえども時代は変わったと変な感慨に耽ってしまう。 由美ちゃんは名簿が無いと嘆きながらも受付をこなす。 一緒に受付をした娘の話では、名前を書いてくださいと言うと、「漢字で書きましょうか?」とジョークを飛ばしてくる日本通の方もいらしたとか・・・ 餅つきの石臼を事前に熱湯で温めるなんて知らなかったけど、経験豊富なお父さん達に助けられる。やっぱり男手は大事だねー。民謡を歌うので喉を潤わしたい と、練習と本番の合間にキッチンにきてはズーズー弁で楽しい話をしてくれたお父さんに故郷を感じ、お餅が美味しいと何回もお替わりに来てくれたハーフちゃ んの笑顔に癒され、ボランティアも楽しいなぁと感じた一日であった!

齋藤 直子 記

Copyright© JCV - Japan Club of Victoria All Rights Reserved.
Reg. No. A0035554B